グアテマラ

2007/12/30-2008/01/06

旅程寸描

▲ティカル。(2008/01/02撮影)

昨年のインカに続いて、中南米の遺跡シリーズ第2弾はマヤ遺跡。密林の中に忽然と聳える垂直指向のピラミッド群、旧世界との出会いを待たず自ら消えていったミステリアスな文明、というイメージがありますが、果たして実際はどうなのか?

当初はメキシコのツアーを探しましたが、思い立ったのが10月中旬と遅くて適当なツアーに当たらず、しからばとグアテマラに先行することにしました。見つけたのは世界ツアーズのツアーで12月29日(土)出発、1月6日(日)帰国という旅程でしたが、申し込んでしばらくすると「12月29日出発では航空便の手配がキャンセル待ちでも厳しい。12月30日出発ではいかが?」という提案を受けました。仕事の都合で帰国日は変えられないのでアンティグア滞在を1日減らして再手配してもらったところ、11月上旬になってなんとか航空券の確保に成功したとの連絡があり、そこからおもむろに『地球の歩き方』と2003年4月の「マヤ文明展」や2007年7月の「インカ・マヤ・アステカ展」の図録も参考にして予習を重ねました。

なお、ツアーとは言ってもお客は私1人。もちろん添乗員などなしで、現地の英語ガイドとマンツーマンの5日間ですからほぼ手配旅行と同じです。うーん、正直に言うと英語には自信がないのですが……。

行程表

リンクのある日付をクリックすると、その日の記事に移動します。

日程 行程
2007/12/30 成田からヒューストン経由、グアテマラシティへ。
31 陸路で国境の町、エル・フロリド。ホンジュラスとの国境を越えてコパンへ。コパン遺跡、彫刻博物館。
2008/01/01 グアテマラへ戻り、キリグアへ。キリグア遺跡を見てから、グアテマラシティへ戻る。
02 グアテマラシティから空路ティカルへ日帰り訪問。
03 コロニアル都市アンティグアへ。カテドラル、ラ・メルセー協会、カプチナス修道院ほか。
04 アンティグアからグアテマラシティへ戻り、ヒューストン経由、成田へ。
05-06

参考情報

→〔歴史

→〔通貨

→〔後遺症?

ホーム次の記事