帰国

2006/05/20-21

行きにはバッグ一つで機内持ち込みとした手荷物も、帰りは若干のお土産もあって最小限必要なものをデイパックに移し、あとは機内預けとすることにしました。リマの空港では、チェックイン前に機内預け荷物についての質問カウンターがあり、添乗員Sさんからは「せいぜい3問くらいで終わりますから」と言われていたのに実際には係員から

  • この荷物はあなたのですか?
  • 中には電子機器は入っていませんか?
  • 中には武器(weapon)は入っていませんか?
  • 誰かから預かったものはありませんか?
  • 何日滞在していましたか?
  • 今日はどこにいましたか?
  • (今日いた)イカの天気はどうでしたか?
  • ペルー滞在は楽しかったですか?

などと矢継ぎ早の質問を受けました。そして、このカウンターで預けた後は、チェックイン時にも自分で自分の荷物に触れることはできず、空港職員に自分の手荷物を「あれ」と指差して運んでもらう仕組みになっています。テロ対策、あるいは麻薬対策なのでしょうか?

ともあれ0時15分、飛行機は南米大陸を離れました。

乗り継ぎのヒューストンでは、今度は指紋と顔写真をとられました。とられついでに朝食も空港内でとることにして、「TACO BELL Express」というファストフード店でブリトーとクリスピーなタコスのセット、それにペプシを注文しました。しかし、ブリトーは自分の手首から先くらいの巨大さ、タコスも同様だし、ペプシは品切れで代わりにDr. Pepperの、それも日本の感覚なら間違いなくロングサイズになってしまって、はるか昔にワシントンを訪れたときに体験したアメリカンフードの大雑把さを再確認することになりました。

ヒューストンから成田への機内では、隣り合わせた米国人(喜界島で小中学生に英語を教えていると言っていました)とちょっとおしゃべりして、『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』でハリポタに関する見識をさらに深め、『リンダリンダリンダ』で韓国人留学生ソンちゃん役のペ・ドゥナのねじの抜け具合に呆れて、機内食は一回パスしました。

日付変更線を越えて、5月21日の午後に成田空港着。お世話になった添乗員Sさんや楽しくご一緒させていただいたツアー参加者の皆さんとは、ここでお別れとなりました。実りの多かった9日間、本当にありがとうございました。

参考情報