帰国

2001/05/07

バンコクから成田への乗継便のチェックイン開始は午後11時15分から。それまでの長い待ち時間を少しでもつぶそうと、30分400バーツのフット・マッサージを頼んでみました。リクライニングシートに座ったこちらの足の指からふくらはぎまでをぐりぐりしてくれるマッサージで、効果の程はよくわかりませんでしたがずいぶんと繁盛していました。向い側に座って同様にマッサージを受けているFさんが目をしっかりつぶり、眉間にしわを寄せてマッサージを受けているのが何ともおかしく、後で聞いてみるととにかく痛かったそうです。そうこうしているうちにチェックインの時刻になったので、ここでスクンビットの自宅へ戻るFさんと別れてゲートの待合室へ。

午前1時45分発のNH930便はトリプルセブン(B777)で、シートテレビで『The Family Man』(『天使のくれた時間』)や『Men of Honor』(『ザ・ダイバー』)といった魅力的な映画を選べたのですが、この日の午後には出社しなければならないため、泣く泣く睡眠時間を確保することにしました。

参考情報